病院長のコラム

今後の医療情勢から

玉野三井病院   磯嶋浩二

厚生労働省は、地域医療構想として、県知事を通じてまず指導のしやすい公立・公的病院に対して、それぞれの地域ごとのニーズにあった病床配置(超急性期、一般急性期、回復期、慢性期)の指導を開始するようです。それが済んだら、一般の中小病院に対して、それぞれの地域で人口に対して過剰になっている病床数、足らない病床数が平均値になるよう指導していくことになります。今後、消費税が値上げされたとしても、医療・福祉に回せる予算は限度があるので、病院にとっては厳しい時代がやってきます。私たち地域の病院は、いかに費用をかけないで質の良い医療を提供できるかを求められています。その中で、地域の同じ規模の病院同士が、同じように高額な医療設備をそろえて、同じような診療を行ったのでは、患者さんの奪い合いになって、共倒れになってしまいます。だから、それぞれの地域で必要なだけの病床機能を、同じ地域の中の病院で分担して持ちなさい、というのが地域医療構想です。介護や福祉も同じです。医療における超急性期病床については、需要の少ない田舎ではとてもやっていけませんし、アクセスさえよければ、都市部の大病院に患者さんを転送すればよいわけですから、私たち玉野の病院としては、急性期、回復期、慢性期の病床を地元の他の病院とどういうふうに分担して営業しようか?と相談して実行するのが経営協力。いっそ一緒になって営業しようか?というのが経営統合。そういった選択を迫られてきています。経営協力や経営統合をしないまでも、自分の病院の現在~将来にかけての患者さんの医療需要を予想しながら、決して過剰な投資をすることなく、経営方針を定め、経営を安定させなければいけないので、病院長って大変でもあるし、一方やりがいがある仕事でもあるかなと思っています。ただし、中小病院は人手不足なので、経営だけでなく、外来、入院、当直、訪問診療と休む間もなく働いています。病院の将来を託せる、経営センスのある働き者のお医者さんを募集します!!

若手-中堅のドクターは、資格至上主義で、みなさん専門資格を求めて研修されています。もちろん、若いうちは救急医療など自分のスキルを高める経験は絶対に必要ですし、自分の目指す専門性を追求することはいいことだと思います。しかし、ドクターという職業も、地域の病院と同じで、非常に技術や研究能力に優れた人は別として、同じ程度の能力の医者が、同じ専門性にしがみついて、後から後から若手が入ってくるようになると、ポストの奪い合いで自分の居場所を失うことになるのではないでしょうか。病床機能の配置と同じで、ドクターという職業機能の配置について、何が過剰で何が不足しているか、自分には何が向いているのか、目指す資格を取られたときにもう一度見つめ直してください。


玉野市のこれからの救急医療構想

玉野三井病院   磯嶋浩二

地域の医療は、人口減少に伴う患者さんの数の減少、医療を担う医師の高齢化と絶対数の不足、限られた医療費の中での抗がん剤などの超高額医療の増加による一般医療費のしめつけなどにより、非常に厳しいものとなってきています。特に、地域の病院経営は、スタッフの高齢化で人件費は上がる半面、実質労働力や労働意欲は低下していきやすいという状況の中で、さらに医療需要が確実に減少しつつあるという危機的な状況に陥っています。今までのように、患者さんが外来受診され、あるいは入院されるのを待って医療提供をしていたのでは、大部分の地域病院は赤字経営になってしまいます。ほうっておくと、10-15%の病院が倒産しかねません。今までは、どの病院も、一般の内科・外科・整形外科といった看板を掲げて、同じようなCTやMRI、超音波診断装置、内視鏡などの設備をそろえて、同じ程度の医療提供をしてきましたが、患者さんの数の減少によって医療需要が減少してくるこの先は、患者さんの奪い合いとなって病院同士の共倒れ現象が起こってくる可能性があります。最近では、ほとんどの病院が2割から多ければ4割近い空床を慢性的に抱えています。一方、スタッフ数は、常時満床に対応できる体制を強いられています。このような状況の中で、赤字経営を避けるというのは、非常に厳しいことかと思われます。

厚生労働省は、地域の病院が、それぞればらばらに同じような医療提供をして、稼働していない空きベッドを多く抱えることを大変な無駄ととらえています。いつ倒産するかわからない、経営不安定な病院が同一地域にいくつもあるのではなく、経営が安定し、医療内容がしっかりとした中核病院がひとつあるか、もしくはいくつかの病院で連携をうまくとって、役割分担がきちんととれた、しかも地域の医療需要を完全に満たすことのできる病院群がひとつあることを望んでいます。

さて、玉野市民の病院に対する救急の医療需要とはどんなものでしょうか。玉野市は、国道30号線で岡山市とつながり、車で30-40分走れば岡山赤十字病院や労災病院に行けます。1時間あれば、岡山市民病院、川崎医療センター、岡大病院、榊原病院、岡山医療センターまでも行けます。倉敷方面でも、倉敷中央病院や川崎医大病院に行くことができます。すなわち、3次救急に対応できる急性期病院が近くにたくさんあるわけです。車で生活している世代の人たちは、手軽に通える診療所があれば、玉野に入院施設は必要ないかもしれません。しかし一方で、若い世代が独立して出て行き、高齢者の二人暮らしや、一人暮らしも次第に増えつつあります。その上、路線バスの本数も減少して、車がなくて通院はもちろん日常の生活にも困っている人たちが増えてきています。そのような人たちが、休みの日や夜間に急に体の調子が悪くなった時、ちょっとタクシーを呼んで診てもらえる病院が近くになければ、いつも往復1万円以上のタクシー代を払って、岡山の救急病院を受診しなければならなくなります。しかも、夜間でも救急外来は平日並みに込んでいて、しんどい思いをしながら待たなくてはいけません。玉野にも、玉野に住んでいる移動手段を持たない人たちを受け入れる、1次2次救急病院が必要なのです。

急病の患者さんが時間外で病院に来られた時、すぐさま症状や病態に応じた画像検査や血液検査ができるのが(医師にとっても患者さんにとっても)理想の救急対応ですが、病院経営的にみて、夜間や休日にレントゲン技師や検査技師を常駐させることはできません。オンコールでの呼び出し対応になります。これからの地域の救急医療に携わる医師に求められるのは、まず緊急の診療要請を断らず受入れ、患者さんの訴えや理学所見だけをもとに、1)画像診断や血液診断なしですぐ高次救急病院に送る必要がある重症患者さん、2)検査なしで翌日まで経過をみるのは怖いから、レントゲン技師、検査技師を呼んで緊急検査したらやっぱり高次に転送した方がよさそうな患者さん、3)レントゲン技師、検査技師を呼んで緊急検査して、なんとか自分の病院で治療できそうな患者さん、4)症状はあっても全身状態が安定しているので、対症療法で観察入院をし、画像検査や血液検査を翌日行ってもよさそうな患者さん、を自分一人でトリアージできる力を養っていくことだと思います。トリアージを正確にやっていくためには、幅広い医療知識が必要ですし、また患者さんの病状急変に対する危機管理能力(危険を察知する勘)も重要になってくると思います。今後5年間で、玉野市の医療情勢はものすごく変わっていくことと思います。また、変わらなければ病院経営を続けていけない厳しい状況になっていくでしょう。その中で、玉野市に住む人たちが、緊急時に対する医療の面で安心して暮らせるような地域の救急病院を育てていきたいと心から思っています。